下関の整体です 36.【腰痛持ちのあなたへ】 腰痛の基礎知識 ⑦どんな水を飲めばいいの?《その1》水にはミネラルが入っている。

2021/04/08 腰痛を改善しよう
logo

ななかの山田です。

いつもななかのブログをご覧戴き、

本当に有難うございます。

 

 

新型コロナが又、

猛威を振るっています。

 

3/31~4/6までの1週間で、

特に東日本での感染者急増が

認められます。

 

西日本では

大阪の感染者数が

800人を超えた

そうですね。

 

もうこれは第4波と

捉えてもいいぐらいの

拡大ではないでしょうか?

 

ワクチン接種も

進んではいるようですが、

少数ながらアレルギー

反応も認められています。

 

これから本当に

どうなっていくのでしょうか?

 

もしかすると

ヨハネの黙示録は

こういった形で

実現されるのかも

知れませんね。。

 

私の考え過ぎでしょうか?

 

 

さて。

 

 

36回目の今日は、

【腰痛持ちのあなたへ】

腰痛の基礎知識

⑦どんな水を

飲めばいいの?

《その1》

水にはミネラルが

入っている。

と題してお送りします。

 

 

あなたもご存知の通り、

水の元素記号は『HO』

ですね。

水素『H』と

酸素『O』の

結合体です。

 

しかし実際の水には、

その他にも様々な

ミネラル(鉱物)が

含まれています。

 

ミネラルは人間が

健康に生きる上で

大切な要素です。

 

でも体内で作ることは

出来ません。

そのために、

食べ物や飲み物として

外部から取り入れなければ

なりません。

 

ミネラル補給をするうえで、

水は大きな役割を

果たしているのですね。

 

なかでも

カルシウム

マグネシウム

ナトリウム

カリウム』を

水の4大ミネラル要素

と言っても過言ではありません。

 

市販のミネラルウォーターの

成分表示を見ると、

これらの含有量が

表示されています。

もちろん、

水道水にもミネラルは

含まれています。

 

ミネラルの含有量は、

水の採水地によって

違ってきます。

後ほどご説明しますが、

日本の水は比較的

ミネラルが少なくて、

ヨーロッパの水は

多いと言われています。

 

水には4大ミネラルのほかに、

『鉄』

(ヘモグロビンの構成要素で、

不足すると貧血や疲労を招く)

『リン』

(細胞膜の構成要素で、

糖質の代謝を助ける)

『銅』『亜鉛』『ヨウ素』

など、私たちが生きる上で

欠かせない要素が

たくさん含まれています。

 

4大ミネラル要素を

参考までに載せておきますので

ご覧ください。

 

《カルシウム》

主として歯や骨を作る基。

細胞内や血液中にある

カルシウムは、

血液の凝固を助けたり、

筋肉の収縮、情報伝達を

促す働きを持つ。

又、神経の苛立ちを

抑える役割もある。

カルシウムの99%は、

骨に貯蔵されていて、

不足すると骨から溶けて

不足分を補う。

そのため、カルシウム不足は

骨粗鬆症を起こす原因になる。

 

《マグネシウム》

主として歯や骨を作る基。

又、体内酵素を活性化し、

疲労防止や便秘解消の

効果がある。

不足すると、筋肉の痙攣、

うつ状態、不安感などを招く。

カルシウムを十分に摂って

いても、マグネシウムが

不足すれば筋肉収縮に

影響し、痙攣やしびれの

原因になる。

心臓の異常、不整脈などを

招くこともある。

 

《ナトリウム》

細胞の内側と外側の濃度の

バランスをとる。

マグネシウムと同様に、

カルシウムなどほかの

ミネラルの働きを助ける。

筋力の向上、疲労回復を

促す役目がある。

塩分の多い日本人の食生活では

不足する心配は少ないが、

摂り過ぎに注意が必要。

過剰摂取は高血圧の原因になり、

それによって脳卒中や

腎臓病などを招くことがある。

 

《カリウム》

細胞内に溶け込んで、

酸とアルカリのバランスを整え、

血圧の調節、新筋収縮を調整する

働きがある。

神経や筋肉の働きを正常に

保つのに欠かせない。

不足すると低カリウム血症

となり、脱力感、疲労感などの

症状が出る。

夏に大量の汗をかいた場合、

汗と一緒にカリウムも

失われ、夏バテの原因になる。

 

 

今日はこの辺で。

健康な身体は自分で勝ち取るもの。

 

 

37回目の明日は、

【腰痛持ちのあなたへ】

腰痛の基礎知識

⑦どんな水を

飲めばいいの?

《その2》

ミネラルは

ミネラルウォーターでしか

摂れないわけではない。

と題してお送りします。