下関の整体です 28.【腰痛持ちのあなたへ】 腰痛の基礎知識 ⑤水と身体の切っても切れない関係とは?《その4》1日で失う水分の量はどれだけなの?

2021/03/31 腰痛を改善しよう
logo

ななかの山田です。

いつもななかのブログをご覧戴き、

本当に有難うございます。

 

 

今月は開業して

丸3年が経ちました。

 

まだ自宅で週末開業

だったあの頃‥。

 

出張施術もしていたあの頃‥‥。

 

まだ治療技術も

未熟だったあの頃‥‥。

 

京都に月に2~3回は通って

勉強に明け暮れてたあの頃‥‥。

(勉強は今もしてますけど‥)

 

あれから3年‥‥。

 

でもまだ3年‥‥。

 

まだまだこれから!

がんばらなきゃ!

 

 

さて。

 

 

28回目の今日は、

【腰痛持ちのあなたへ】

腰痛の基礎知識

⑤水と身体の切っても

切れない関係とは?

《その4》

1日で失う水分の

量はどれだけなの?

と題してお送りします。

 

 

我々人間の身体は、

十分に水を摂らなければ、

硬くなり動きが悪くなります。

 

例えばお吸い物に

入っている『お麩』を

イメージしてみると

良いでしょう。

このお麩って、

水分を含んでいるときは

柔らかくフワフワしてますね。

 

でも、時間が経過し

水分が抜けていくと硬くなり、

やがてはカピカピの

パラパラに乾いて

いくことでしょう。

 

これ実は我々の身体も

同じことが言えるのです。

そのため、

腰痛の大きな原因に、

身体の水分不足による

筋肉のコリがあると

考えています。

 

では実際に我々は、

1日にどれぐらいの

水を飲み、

どれぐらい排出して

いるのでしょうか?

 

まずは排出分から。

 

我々が排出する水分は、

『目に見えるもの』と

『目に見えないもの』に

大きく分けられます。

 

目に見えて排出される

水分としては一番は

『尿』でしょう。

これは1日に

約1.5Lを

尿で排出します。

 

又、大便にも水分が

約0.1L含まれています。

排便排尿で約1.6Lの

水分が排出される

ことになります。

 

目に見えない水分とは、

蒸発していく

『汗』と『呼気』です。

 

汗で約0.6L、

呼気で約0.3L、

合計で1日約0.9Lを

排出しています。

 

で、これらを合計すると、

1日でなんと

約2.5Lもの水分が

身体から失われて

いることになるのです。

 

※あくまで目安です。

個人差やその時の体調や

環境の変化によって

変わります。

 

 

今日はこの辺で。

健康な身体は自分で勝ち取るもの。

 

 

29回目の明日は、

【腰痛持ちのあなたへ】

腰痛の基礎知識

⑤水と身体の切っても

切れない関係とは?

《その5》

飲んでいる

作られている

水分も2.5L

と題してお送りします。