下関の整体です 24.【腰痛持ちのあなたへ】 腰痛の基礎知識 ④痛みの仕組みを知ろう!《その6》痛みに鈍感になるための3つの栄養素がある事を知ってますか?

2021/03/27 腰痛を改善しよう
logo

ななかの山田です。

いつもななかのブログをご覧戴き、

本当に有難うございます。

 

 

うちの前の桜並木も、

もうすっかり満開です。

 

昨日、

仕事が終わって

夜に歩きながら

夜桜見物をしました。

 

街灯に照らされる桜は

本当に奇麗でした。

 

加えて月が桜の

枝の間から見えました。

 

良い季節になりましたね(^^♪

 

今日はお休みを戴いています。

ちょっと出掛けてきます。

 

 

さて。

 

 

24回目の今日は、

【腰痛持ちのあなたへ】

腰痛の基礎知識

④痛みの仕組みを知ろう!

《その6》

痛みに鈍感になるための

3つの栄養素がある事を

知ってますか?

と題してお送りします。

 

 

あなたにとって、

痛みを鈍感にするとは

どういうことと思いますか?

 

前回の話の中で、

痛みの事ばかり考えたり、

そのために行動制限したり

するとかえって身体に

悪影響が出ると

お話ししました。

 

つまりはどういうことか‥‥。

 

自分にとっての楽しみを

作ることだと思います。

 

楽しみにしている行事や、

自分の趣味があれば、

それだけで痛みの考え方が

変わると思います。

お出掛けもそう苦には

ならないのではないでしょうか?

 

お友達とおしゃべりで

盛り上がれば、

そのうち痛みも

忘れてしまうでしょう。

 

第一、

楽しいことがあれば

セロトニンの分泌量も

増えると思います。

 

セロトニンを増やすための

3つの栄養素があります。

 

トリプトファン』という

必須アミノ酸です。

大豆製品や乳製品に

多く含まれます。

 

そして、

トリプトファンから

セロトニンを合成するには、

炭水化物』と

ビタミンB6』です

 

ビタミンB6は、

タンパク質代謝には

欠かせないビタミン。

 

ビタミンB6は、

マグロやマグロ、鮭

豚肉などに多く含まれます。

バナナにも結構含まれます。

 

以前、

美腸のお話の中でも

バナナは朝ごはんとして

最高の食材だと

お話ししました。

 

今回は脳内セロトニン

お話ですが、

セロトニンはそのほとんどが

腸で作られることも

お話ししたと思います。

 

腸内環境整備には、

発酵食品

水溶性食物繊維

欠かせないと言いました。

 

脳内セロトニンだけでなく

腸内でのセロトニン分泌にも

目を向ければ、

あなたの身体は

もっともっと痛みを

感じにくい身体に

なると思います。

 

 

今日はこの辺で。

健康な身体は自分で勝ち取るもの。

 

 

25回目の明日は、

【腰痛持ちのあなたへ】

腰痛の基礎知識

⑤水と身体の切っても

切れない関係とは?

《その1》

我々人間の身体の

60%は水でできている

と題してお送りします。