下関の整体です 17.【腰痛持ちのあなたへ】 腰痛の基礎知識 ③今、骨格の構造を知ろう!《その4》腰痛は、ストレッチや筋トレをしても改善しないって知ってた?

2021/03/20 腰痛を改善しよう
logo

ななかの山田です。

いつもななかのブログをご覧戴き、

本当に有難うございます。

 

 

昨日久しぶりに

パン🍞を作り始めました。

 

今、寝かせてます。

 

初めての食パン🍞です。

 

さあ

うまくいくかどうか……。

 

 

さて。

 

 

17回目の今日は、

【腰痛持ちのあなたへ】

腰痛の基礎知識

③今、骨格の構造を知ろう!

《その4》

腰痛は、ストレッチや

筋トレをしても改善

しないって知ってた?

と題してお送りします。

 

 

患者さんによく

聞かれる事の一つに、

『腰痛に効く有効な

ストレッチってないですか?』

『どんな筋トレしたら

いいですか?』

こんな質問よくされます。

 

解ります。

早く良くなりたいでしょうし、

出来るだけお金をかけずに

良くしていきたいと思う

のは誰しも同じかと思います。

 

でもこういった質問をされる

のは、殆どが30~50代の

方で、男性が多いですね。

 

この年代の方は、

働き盛りですので

筋力低下が主原因で

腰痛になっているとは

到底思えません。

 

もちろん身体の硬い方は

おられますが、

でもそれだけで腰痛に

なったとも思えません。

 

筋力低下を原因とするならば

女性の方が筋力が低く、

動員する筋肉量も少ないから

腰痛が多いのは女性では

ないかと思ってます。

 

でも、女性は

腰痛よりも肩こりや

首の痛みの方が

圧倒的に多いのです。

 

以前、

同一姿勢を取り続けると

腰痛になりやすいことを

お話したことがあります。

 

ですから

デスクワークなど

同一姿勢の継続が

慢性腰痛の原因の一つで

あると捉えています。

 

でも残念ながら

腰痛の原因って

一つではないのです。

 

よく言われるのが、

男性は筋肉が硬く、

女性は筋肉が柔らかいと

言われます。

 

でもそれは全くの誤解で、

女性でも驚くほど

身体の硬い方も

おられます。

 

そもそも

『硬い筋肉』とか

『柔らかい筋肉』とか

どういうことなのでしょうか?

 

運動した後の筋肉には、

疲労物質が溜まるため、

張りを強く感じます。

 

又、運動不足の筋肉も、

凝り固まって張っています。

 

これがいわゆる

『筋肉が硬い』状態です。

 

よく朝起きてから

『腰が重い』と

感じるのも、

冷えに対して筋肉が

防御反応のために

固まってしまっている

状態なのです。

 

このような状態で

急激な動きをすると、

痛めてしまうことが

あります。

 

反対に、

柔らかく伸び切った筋肉は、

それ以上伸ばすことができず、

関節や靭帯を痛めてしまう

原因にもなります。

 

この二つは、

もっと言えば

身体を支えていない状態です。

 

ですので当院では

治療にストレッチを使うことは

あまりありませんし、

ストレッチのセルフケアは

ある特定の症状でしか

ご指導しません。

 

かえって緊張を上げて

しまうことの方が

多いからです。

 

それともう一つ。

 

腰痛予防や改善のためには、

まずご自身の身体の

水分量の確保を

お勧めしています。

 

お水は筋肉の滑走性を

良くし、動きやすい身体に

してくれます。

 

ストレッチや筋トレも

結構ですが、

まずは良い筋肉作りから

始めましょう。

 

 

今日はこの辺で。

健康な身体は自分で勝ち取るもの。

 

 

18回目の明日は、

【腰痛持ちのあなたへ】

腰痛の基礎知識

③今、骨格の構造を知ろう!

《その5》

腰痛予防は

血流の改善から?

と題してお送りします。