下関の整体です 49.循環を良くする身体のメンテナンス法 ④痛みが消えた!は治ったのと違う?

2021/01/23 3つの体液について知る
logo

ななかの山田です。

いつもななかのブログをご覧戴き、

本当に有難うございます。

 

 

今日はいよいよ

『体液シリーズ』が

最後の日です。

 

【脳脊髄液】

【血液】

【リンパ液】

 

この3つの体液の重要さと

その循環改善のメソッドを

49回に渡り、

綴って参りました。

 

これを実践して戴いた方は

少しでもその効果を感じて

戴いてると思っています。

 

私も当院に来て下さる

患者様にこれらを

必要に応じてお伝えし、

自分の身体を自分で

コントロールできる事が

どれだけ楽になる事なのかを

感じて戴く毎日です。

 

当院のモットーは、

健康な身体は

自分で勝ち取るもの】です。

 

結局は自身がやらなければ

何も変わらないと言う事。

 

それを前提に私は

患者さんの自己治癒能力を

最大限に高めるお手伝いを

しています。

 

恐らくは、ほとんどの

治療家の方々もそうだと

思いますし、

そうだと信じています。

 

何故なら私達は

皆さんと同じ人間であり、

神様ではないからです。

 

ただちょっとだけ、

皆さんよりも

体の事を知っているだけ‥。

 

そのほんのちょっとの

違いが大きな変化を

もたらすのも事実‥。

 

でもそのほんのちょっとが、

皆さんの健康への近道に

なるのなら、

私達治療家は日々努力し、

少しでもお力になれればと

考えています。

 

ではまいりましょう。

 

49回目、最後の今日は、

【循環を良くする

身体のメンテナンス法】

④痛みが消えた!は

治ったのと違う?

と題してお送りします。

 

 

皆さんが痛みから

解放される為に

どういった方法を

取るか?なのですが、

殆どは次に挙げる

方法が多いのでは

ないかと思います。

 

・痛み止めを飲む

・病院で痛み止めを

 打ってもらう

・湿布を貼る

・マッサージで

 揉んで貰う

 

こんなところでしょうかね。

 

しかし!

 

これは腰痛でも、

肩や首痛でもなんでも

そうですが、

それが本当に治ったと

お思いなら非常に危険です。

 

そのまま又、

普段の生活をして

治ったから少々良いだろうと

無理をする。

又痛くなる。

 

でも今度は前よりも

もっと痛くなった。

 

何故でしょう?

治ったはずなのに?

痛みが消えて楽になったのに

なんでまた?

こんなふうに思った事、

あなたはありませんか?

 

実は‥‥。

 

痛みが取れた』は

治った』のでは

ないと言う事です。

 

痛みが出れば誰しもが

その苦痛から逃れたいから、

薬を飲めば、

痛み止めを打てば、

それでいいと信じています。

 

確かにそれで解消する

事もあるでしょう。

 

それはその程度の

痛みだったというだけで、

運が良かっただけの話し。


多くの方の考え方は

こうです。

 

痛み止めを処方され、

それを服用したら

痛みが取れます。

 

だって『痛み止め』なんだから

痛みが消えて当たり前

 

神経のどこかで

作用して、

痛みを感じる信号を

一時的にカットしてる‥‥。

ただそれだけ‥‥。

 

でも多くの方は、

良かった!

痛みが消えた。

治ってよかった!

こう感じています。

 

そもそも

この理論自体が

おかしいのです。

 

良かった!

痛み止めのお蔭で

痛みを感じなくなった!

ってのが理論的には

正解です。

 

痛み止めってなんだか

解りますか?

なんだか解ってて

服用してますか?

 

確かに痛みは止まるけど

その痛みの原因までは‥。

残念ながら

治してくれません。

 

そこを理解して服用しないと

あなたの身体は本当に

一生治らなくなる

かも知れません。

 

何故なら

痛みの原因には

全くと言って

アプローチ出来てないから。

 

若いうちならば、

少し休めば回復し、

痛みも消えていくかも

知れません。

 

殆どの方は、

この痛み止めに対する

間違った理論の

すり替えに全くと

いって良い程、

気付いていません。

 

悲しい事ですね。。

 

そしてその理論の

すり替えに気付かないまま

薬を飲んでは無理を重ねて

その痛み止めも

効かなくなった時、

なんで何をしても

良くならないんだ!

なんで自分だけ!

みたいなことを言うんです。

 

こと、40歳を過ぎてからは

若い頃のままでいると

とんでもない事が

起こります。

身体の転機が

だいたいこの

年齢辺りでやってくるから。

 

そろそろ

痛みがない=健康』だと

いう思い込みを考え直した

方が良いかも知れませんね。

 

健康である

だから

痛みがない

のは当たり前ですけどね。

 

薬に頼らない、

痛み止めに頼らない、

そんな身体を目指すなら、

もう少しご自身と

向い合ってみませんか?

 

 

ではこれで

3つの体液について

のお話しは終わります。

 

体液の需要さについては、

今後他のブログで

ちょこちょこと

出てくる事が

あると思います。

 

その時はこの

3つの体液に

ついて知る』を

思いだして

戴けると良いかと

思います。

 

では49回もの

長い期間、

お付き合いありがとう

ございました。

 

次のお話しで

又、お会いしましょう。

ではでは(^^♪