下関の整体です 47.循環を良くする身体のメンテナンス法 ②思い付きの急な運動は身体に負担を掛けるだけ!

2021/01/21 3つの体液について知る
logo

ななかの山田です。

いつもななかのブログをご覧戴き、

本当に有難うございます。

 

 

今、コロナが

本格的に猛威を

振るっています。

 

いやまだこれは

始まりに過ぎないのかも

知れません。

 

自宅療養者で急変して

亡くなられる方も

どんどん増えています。

 

後遺症もかなり酷く、

治っているのに

そう思えない現実を

突きつけられています。

 

一体いつまで続くのでしょうか?

 

政府が出した

『GoTo』は、

結局こういった事態を

考えずにとった

苦肉の策でしか

なかったわけです。

 

そして今も、

増え続ける感染者数。

 

もう自分で自分を

守るしかないのでしょうか?

 

 

さて。

 

 

47回目の今日は、

【循環を良くする

身体のメンテナンス法】

②思い付きの急な運動は

身体に負担を掛けるだけ!

と題してお送りします。

 

 

始めてはみたけれど、

なかなか続かない運動‥‥。

 

これって誰もが

経験した事が

あるのではないでしょうか。

 

確かに一定量の運動を

コンスタントに

こなすのであれば、

身体にとって非常に

良い事ではあります。

 

しかしこの

『やっても続かない』

『また3日坊主』

を繰り返すならそれは

身体にとってただの

負担でしかありません。

 

急な運動をしたことが

あるならわかりますよね。

 

心拍数がバンッと上がり、

ゼイゼイハアハア苦しい

思いをしたことを。

 

ではこの

『ゼイゼイハアハア』している

時に、身体の中では一体

何が起こっているのでしょうか?

考えた事はありますか?

身体が酸素を欲しがっている

時ですよね。

 

そんな時の身体は、

無意識のうちに

ハアハアと呼吸します。

そして酸素が血液に

乗って筋細胞に

運ばれて行き、

消費されます。

栄養も勿論必要ですし、

細胞は働けば

沢山の老廃物と

二酸化炭素を残します。

 

その結果として、

老廃物や二酸化炭素の

運搬量が増えるわけです。

 

と言う事はどうなのか?

 

そうです。

おのずと体液循環に

普段以上の負荷が掛かります。

 

そして

もう1つ大事な事が

あります。

 

それは、

酸素が消費された後に

残る老廃物が、

『活性酸素』だと言う事。

 

活性酸素は、

殺菌力が非常に強く、

体内でウィルスや

細菌を撃退してくれる

役目があるのですが、

デメリットもあります。

 

それは身体を酸化させる、

つまり錆びさせる働きが

あるので、

老化を早めてしまうのです。

 

運動する事は

確かに良いのですが、

身体に必要以上の負荷は

かけない方が良いでしょう。

 

余計なごみを出さず、

体液循環に負荷を

かけない方が、

健康の質が向上

する事もあるのです。

 

何事も、

『過ぎたるは

猶及ばざるが如し』

ですね。

 

でもだからと言って

家でゴロゴロする事を

推奨はしませんよ(笑)

 

前にも申したように

身体って働くように

出来ているので、

一定量の運動は必要でしょう。

その時の運動が、

老廃物というごみを

出さないようにと

言ってるのです。

 

ではごみが出ない運動って

なんだ?と思われた方。

 

それは普通に話が出来る

程度の運動を指します。

 

運動を止めるタイミングも、

もうちょっとで汗かくかなあ

ぐらいです。

 

ウォーキングなら誰かと

会話が出来る程度の

早歩きで汗がじんわりと

出そうになったら

終わっても良いのです。

 

でも体力には

個人差があります。

数字がどうこうよりも

ご自身の身体の変化で

決めて戴いて結構です。

 

しっかりと運動

するのであれば、

最低週に2日で現状維持、

3日であれば健康増進とは

言われますが、これも又

個人差がありますので、

ご自身の身体と

相談しながら

やるべきでしょう。

 

もしこれぐらいのペースが

続かないのなら、

そもそもやらない方が

良いかも知れません。

 

だからこそ、

普段のADLや

(日常生活動作)

IADLで

(手段的日常生活動作)

身体を普段よりも

沢山使いましょう。

 

雑巾がけでも良いし、

階段を使うでも良い。

 

ちょっとしたことが

あなたの身体を

変えてくれるでしょう。

 

運動はすればいいって

ものでもないのです。

ちゃんとした

目的を持ってしないと

絶対に続きません。

 

 

今日はこの辺で。

健康な身体は自分で勝ち取るもの。

 

 

48回目の明日は、

【循環を良くする

身体のメンテナンス法】

③硬い身体は

体液循環を悪くする

《強いマッサージの

危険性とは?》

と題してお送りします。