下関の整体です 44.あなたの身体をもっと流す方法 ⑨骨盤を歪ませない生活とは何か?

2021/01/18 3つの体液について知る
logo

ななかの山田です。

いつもななかのブログをご覧戴き、

本当に有難うございます。

 

 

1月ももう半分以上

経過しました。

 

今年は正月明けからの

大雪で始まりました。

 

出鼻をくじかれた感じです。

営業日数も減り、

1月は『やばっ!』って

感じですが、

考えている暇は

ありません。

 

とにかく前進あるのみ!

 

 

さて。

 

 

44回目の今日は、

【あなたの身体を

もっと流す方法】

⑨骨盤を歪ませない

生活とは何か?

と題してお送りします。

 

 

あなたは『骨格』と聞けば

何を思い浮かべますか?

 

殆どの方は、

学生時代に理科室や

実験室にあった

『骨模型』を

思いうかべる事が

多いのではないでしょうか?

 

でもここでは、

皮膚というもので

覆われた、体という

『水風船』が、

いびつにならないように

しているものが骨格と

考えイメージして下さい。

 

当院で治療後患者さんに

こう聞かれることが多いです。

『凄く楽になりました。

でもこの状態って又

戻ったりしますか?』

とか

『戻らないようにするには

どうしたら良いですか?』

とか。。。

 

そこで私は、

『戻りますよ。』

『だからこそうちでは

セルフケアを徹底的に

覚えて貰いますから。』

と答えます。

 

何故だと思いますか?

 

前にも申しましたが、

身体がいびつになり、

あちこちが痛くなるのは

事故や怪我など

外傷性のものでない限り、

自身の『身体の使い方の癖』

という各々の習慣的要素が

原因だからです。

それも『本人が気付かないまま』

水風船を捩じったり歪めたり

潰したりしているのだから

そりゃ当たり前ですよね。

 

なのに

1回で治してほしいとか

言っても無理なんですね。

その方が自身の

『気付かないうち』に

気付いてそして修正しないと。

 

その為には、

なんとか意識に上がらせて

ハッと気付く瞬間を

増やす事です。

 

手っ取り早い方法を

教えましょう。

 

自分の座っている姿が

みえる位置に

『鏡』を置く事です。

 

職場でも机の上や

パソコン画面の隅、

手の甲等、

目立つところに

『姿勢』と書いて

おくと忘れませんよ。

 

それを見るたびあなたは

姿勢を正すでしょう。

3分もすれば悪い姿勢に

戻るでしょうが、

確実に『意識』する回数は

増えてきます。

すると不思議なもので、

『姿勢、姿勢』と思える

ようになってきます。

 

そうなって来ればしめたもの!

あなたは自分の姿勢の悪さに

愕然とする事でしょう。

 

これを真面目に取り組めば、

早くて3ヶ月、

通常であれば6ヶ月は

頑張らないと自分の

姿勢の悪さに気付けないのが

現実なのです。

 

気付いてないとは、

意識してない事。

意識してなければ

変えようはありませんよね。

 

今すぐにやる事!

 

『どうやれば意識に

上らせることが

できるのか?』

 

これを考える事から

はじめましょう。

 

 

今日はこの辺で。

健康な身体は自分で勝ち取るもの。

 

 

45回目の明日は、

【あなたの身体を

もっと流す方法】

⑩筋肉をサポーターに

するって何?

と題してお送りします。