下関の整体です 37.あなたの身体をもっと流す方法 ②あなたの健康を一生ものにするための3つのステップとは?『構造に合わせて正しく使う事』

2021/01/11 3つの体液について知る
logo

ななかの山田です。

いつもななかのブログをご覧戴き、

本当に有難うございます。

 

 

あれだけ酷く

降り積もった雪も、

昨日の夕方から溶け始めました。

 

今朝はすっかり

路面がみえており、

安全に歩けるように

なりました。

 

結局のところ、

先週は3日しか

仕事してません。。

 

エライ事です!

 

しかも今週は火曜日が

私自身の治療で休みを

戴いてますし。

 

後半盛り返さなきゃですね!

 

これも試練と考えて

頑張っていきます!

 

 

さて。

 

 

37回目の今日は、

【あなたの身体を

もっと流す方法】

②あなたの健康を

一生ものにするための

3つのステップとは?

『構造に合わせて

正しく使う事』

と題してお送りします。

 

 

私たちが普段、

知っている事を

実行するだけであれば、

『失敗』する事は

非常に少ないでしょう。

 

我々がする多くの『失敗』。

これは知らないままで

する事から発生していると

思っています。

 

『健康でいる事』も

同じ事です。

知らないままであれば、

それはただの『ばくち』

と同じだと思いませんか?

『賭け事』が駄目だとは

言いませんが、

事、『健康でいる事』にまで

ばくちを打つ必要はありません。

確実に『健康になる』方法を

得た方が良いに決まってます。

 

この『健康になる』ための

要素としてよく

言われているのは、

『運動』

『睡眠』

『食事』であり、

最近では

『ストレス』も

大きな問題に挙げられます。

 

しかし基本的には、

次の3つのバランスが

取れていれば、

特別に何かの運動を

せずとも、

深い睡眠を確保でき、

健康でいる事が

出来るのではないかと

考えています。

 

1.構造に合わせて

正しく使う事(構造の部分)

 

2.正しくエネルギーを

充填する事(循環・栄養の部分)

 

3.穏やかなドライバーが

運転する事(心の部分)

 

では1つずつ説明して

行きましょう。

 

1.構造に合わせて

正しく使う事(構造の部分)

 

機械を扱う時、

取扱説明書(以下取説)

があるように、

我々の身体にも取説が

あるのではないかと

私は思っています。

その取説に書かれているのは、

身体の使い方、そして姿勢です。

 

取説通りに身体を

使っていない時って

どんな時でしょうか?

 

それは筋肉という

支えがなくなる、

だらっとしている時の

姿勢こそが取説とは違う、

間違った使い方です。

それを続ける事で

身体は確実に

壊れていくでしょう。

 

その時は、取説に従った

身体の使い方に正していく

必要があります。

 

昔の方はこういった

取説的な指導をして

くれる方がどこにも

いました。

『家長』という

立場の方です。

それはお母さんだったり

お父さんだったり。

もしかすると

おじいちゃんやおばあちゃん

だったかも知れません。

 

いずれにせよ、

必ず誰かが

戒めてくれていました。

 

でも現在はそういった

方々との触れ合いもなければ

あってもそこまで言う方が

減っています。

口出ししようものなら

逆切れされる事も。。

 

そういった社会構造自体が

我々の身体を壊していると

私は思ってます。

 

若いうちは、

たとえ無理をしても

痛みが出ようと

一晩寝れば治る事が

多いでしょう。

そして身体は学習します。

『一晩寝れば治る』と。

でもそれを、中高年に

なっても同じ事で治ると

信じて疑いません。

 

その時になって急に、

『身体の使い方』だとか

『姿勢が大事です』って

言われても‥‥。

自身の取説の大切さに

気付けません。

 

あなたは、

『膝が痛いし曲がらない』、

『腰が痛い、立てない』

『肩こりが酷い』

『頭痛がする』

といった症状が出た時、

『なんで自分だけ!』とか、

『なぜこんなに痛いのか?』

と文句を言ったり、

がっかりしていませんか?

 

挙句の果てには、

病院で『老化ですね』と

一言で済まされてしまい、

医師の言う事を鵜呑みにし、

『自分は歳だから‥‥』とか

『ずっと運動して

こなかったから‥‥』とか

適当な理由をつけて

諦めていませんか?

 

それも確かにあるかも

知れませんが、

本当にそれで

いいのでしょうか?

それではあまりにも

身体が可哀想では

ありませんか?

 

私が診る限り、

身体の不調で悩んでいる

殆どの方は、

自分の身体を正しく

使えていない、

もっと言うと

身体を支える事が

出来ていないと

考えています。

 

『歳だから仕方ない‥』

なんてとんでもない!

身体は構造上正しい位置に

セットして動くと、

身体の負担は最小限になり、

ロスなく使う事が

出来るようになります。

 

身体という水風船の

話しを覚えていますか?

 

水風船をくぼませたり

捻ったりして使わずに、

丸いままの状態で

使えていれば、

水を十分確保できます。

 

正しくて必要な分の

体液循環を実現出来るのです。

 

 

今日はこの辺で。

健康な身体は自分で勝ち取るもの。

 

 

38回目の明日は、

【あなたの身体を

もっと流す方法】

③あなたの健康を

一生ものにするための

3つのステップとは?

『正しくエネルギーの

充填をする』

と題してお送りします。