下関の整体です 33.ゆがみやよどみがみるみるなくなるエクササイズ ⑩静脈のポンプふくらはぎのお手入れ法

2021/01/06 3つの体液について知る
logo

ななかの山田です。

いつもななかのブログをご覧戴き、

本当に有難うございます。

 

 

《GoToトラベル

全国で停止延長》

 

え!今更ですか?

と言いたくなるような

記事‥‥。

 

日本の感染防止策は、

拘束力が全くないから

誰も言う事を聞きません。

 

海外のように

下手すりゃ撃たれる

ぐらいの怖さが

まるでない‥。

 

これじゃ皆の為に

頑張っている

医療従事者の方々が

報われませんね。。。

 

日本という国は、

何処まで落ちて

いくのでしょうか?

 

 

さて。

 

 

33回目の今日は、

【ゆがみやよどみが

みるみるなくなる

エクササイズ】

⑩静脈のポンプ

ふくらはぎの

お手入れ法

と題してお送りします。

 

 

ふくらはぎが、

『第二の心臓』だと

言われている事は

もう知らない人が

殆どいないほど、

認識されている事でしょう。

 

でもそのケア方法までは

知らないのが現実です。

 

我々セラピストでも、

ふくらはぎ = 下腿三頭筋

の重要さは推して知るべしです。

 

私が以前、

『膝折れの原因は

ふくらはぎの活動にあり』

みたいな事を綴った事が

あります。

どれだけ膝の筋力を

鍛えても、脛骨が

(ふくらはぎ部分の骨)

前方に倒れる事を

防がない限り、

膝折れします。

 

どうやって防止するか‥。

 

ふくらはぎの筋力を

上げた方が有効です。

解りやすく言えば、

つま先立ちする為の

力が自然と発揮できる

ようにすれば良いのです。

 

その為には、

ふくらはぎ = 下腿三頭筋が

同時にポンプとしての役割も

健在でないとならないのです。

 

良く動く筋肉とは、

良く滑走し、

必要以上に緊張しない、

その筋力が即時出せる、

そんな条件を満たす

筋肉だと私は

考えています。

 

そんな筋肉に囲まれた

脈管系(血管やリンパ管)は、

その筋肉に守られ、

その役目を果たすのに

最適な環境を得られます。

 

心臓から排出された血液は、

正常なふくらはぎの働きにより

再び心臓に戻ってきます。

 

その間に行われる事。。。

 

血液成分の一部が血管外に

染み出て、皮下組織の細胞に

栄養素と酸素の供給を

終わらせ、その次には

老廃物と二酸化炭素を

回収して又血管に

戻ります。

その間、実に60秒!

まさに電光石火の早業です。

 

これがずっと一定のリズムで

行われているのですから、

身体って本当に凄いですね。

 

でも‥‥。

 

肉体労働をほとんど

しなくなった現代人は、

この『静脈ポンプ』の

仕組みがほとんど働かない

状況下にあります。

だからこそ何らかの

方法で促し、

バランス調整をする

必要があります。

 

その方法をご紹介します。

 

1.足裏縦割りマッサージ

『静脈の流れを改善し、

足をホカホカに!』

 

①片方の足を自分の

もう一方の膝に乗せ、

足裏を自分の方に向ける。

 

②足裏を縦二つに折る。

ゆっくり折る ⇔ ゆっくり離す

を30回程度繰り替えす。

 

③反対も同様に行う。

 

※寝る前や風呂上りが

効果的です!

 

2.ふくらはぎマッサージ

『ポンプを動かして

血行改善!』

 

①ふくらはぎを

アキレス腱から

膝裏まで丁寧に

マッサージする。

 

②反対も同様に行う。

 

※座り仕事の合間に

行うとむくみを

軽減できます。

 

※ふくらはぎ裏は、

『膀胱経』という

『経絡』が存在します。

特に内くるぶしから

指8本ぐらいの位置と

膝裏には重要なツボが

あり、治療でも良く使います。

『承山』『委中』

というツボです。

 

3.足の反射区マッサージ

『足の火照りを

鎮めよう!』

 

①市販の足マッサージ棒などで、

土踏まずをよく揉み、

足の内くるぶしの方へ

流れるルートを

確立する。

※足から膝まで揉みあげると

血液の戻りが良い。

 

②苦しい所や、

火照っているところを

よく揉むとよい。

 

※反射区とは、

足裏にあるツボの事。

これも確立された

手技があり、

『リフレクソロジー』と

呼ばれる。

 

 

今日はこの辺で。

健康な身体は自分で勝ち取るもの。

 

 

34回目の明日は、

【ゆがみやよどみが

みるみるなくなる

エクササイズ】

⑪ふくらはぎの運動で

色んな体液が流れ出す!

と題してお送りします。