下関の整体です 28.ゆがみやよどみがみるみるなくなるエクササイズ ⑤リンパマッサージはこう仕上げる!

2020/12/29 3つの体液について知る
logo

ななかの山田です。

いつもななかのブログをご覧戴き、

本当に有難うございます。

 

 

今年も残すところ後3日。

早いものですね。

 

開業してから

気が付けば約2年半。。。

色んな事がありました。

 

今になって思う事は、

「サラリーマンの時より

充実してて、いつの間にか

休みなく働いてるなあ‥」

って事です。

 

ここ2~3カ月ぐらい、

旅の楽しみを思い出し、

最近では一人旅も

するようになっています。

 

すこーしだけ

気持ちの余裕が

出来たのかな‥‥。

 

でもまだまだ

走り続けます!

悩んでいる患者様が

居られる限り‥‥。

 

 

さて。

 

 

28回目の今日は、

【ゆがみやよどみが

みるみるなくなる

エクササイズ】

⑤リンパマッサージは

こう仕上げる!

と題してお送りします。

 

 

リンパ液って本当に

ゆっくりと流れています。

1秒に1cm弱ぐらいの

速度で。。

 

ちなみに血液は、

1分もあれば全身を

巡ります。

 

リンパってなんて

のんびりなのでしょうか。。

 

リンパは殆どの場合、

日中は下に向いている

脚を就寝時に水平に

する事で、その流れは

とてもスムーズに

なります。

 

横になって寝ると

身体が水平になる為、

起きている時よりも

心臓に向かう血液や

リンパ液の戻りが

良くなります。

 

その為、

健康な状態であれば、

日中の仕事や生活で

夜足がむくんでいても、

朝起きるとむくみが

とれています。

 

ところが夜更かし、

睡眠不足、飲酒などで

むくみがとれにくく

なっている方も

おられます。

そうした方々は、

寝るだけではむくみが

取り切れない状態で、

かなり深刻です。

 

このような時は、

寝ている間に

リンパの『関所』に当たる

部分を開放してあげる事で

流れがよりスムーズに

なります。

 

今回ご紹介する方法は、

ある条件を満たす事で

10分程寝て戴くだけで、

まるで湯上りのように

身体が軽くなり、

お顔がほんのり

赤くなります。

明らかに体内の循環が

良くなったのが

第三者から見ても

判るほどです。

 

10分程寝た後で

立ち上がると、

ご本人も

「身体が軽い!」

って言われるほどです。

皆さん、一様に

仰います。

私自身も試してみて

本当にそう思いました。

 

寝ながらリンパが流れやすい

位置に身体をセットする事が

出来れば、ただ寝るだけで

リンパを流し続ける事が

出来ます。

 

リンパの流れを良くしたい方、

鼡径部(脚の付け根)が

硬い方、脇の下にお餅が

挟まったような方は

是非お試し

いただきたいのです。

 

『鼡径部と脇の下の

引っ掛かりをなくす』

これがテーマです。

 

解りやすく言えば、

血液やリンパ液が手足から

体幹に戻っていくところの

『マンホールの蓋』を

開けて流れやすくする

事だと思って下さい。

 

日頃の患者様の姿勢を

見ていて、ふと思い

色んな書籍を読んでみて

『もしかするとそれぞれの

関節の角度で流れが

変わる?』って

思ったからです。

 

勿論私一人の力で

出来た事ではないので、

沢山の書籍を書いて

下さっている先生方には

心から感謝いたします。

 

上肢から体幹への接続部、

『脇の下』、

下肢と体幹の接続部、

『鼡径部』にある

マンホールは、

どうやらある角度

するといとも簡単に

開くようです。

 

仰向けに寝て、

リラックスして

行ってみましょう。

 

『リンパのストレッチ』

脇の下と鼡径部の

リンパ出口を開く方法

 

①大腿部にバスタオルを

巻いて、伸び縮みしない

紐で固定する。

この時、脚全体を

少し内股にする。

※内ももを締める感じで。

 

②次に胸を広げて、

背中を浮かせる。

※肩甲骨を少し寄せて

背中にしわが寄るイメージ。

 

③二の腕(上腕)の下に

タオルを入れる。

(床から5cmぐらい

浮く感じ)

背中にしわを寄せたまま

脱力し、お腹の前で

手を組んで、10分ぐらい

そのままの姿勢を維持。

※背中にしわを寄せたら

力が抜けそうにないと

思われますが、

深呼吸して胸を広げて

軽く息を吐く感じで

力は抜く事が出来ます。

 

このストレッチは、

10分もあればその

効き目を感じる事が

出来ます。

 

個人差はありますが、

これを治療後に

この状態で休んで戴くと、

体液が回っているのが

解る方もおられます。

ただこれは感覚の

問題であり、正確に

行っていれば何も

感じなくても安心して

行って戴いて結構です。

 

10分経過した時点で

止めて戴いても良いし、

ご自宅で行ってみて、

そのまま休んで戴いても

何の問題もありません。

 

こんな感じで

ここではリンパを積極的に

流す方法をお伝えしました。

 

念のため申しますが、

決して整体やマッサージを

受ける事を止めろと

言ってるのではありません。

 

私は患者様の身体を

治しているというよりも

自分で調整、制御できる

までのお手伝いが出来たら

良いと思っているので、

基本的にはセルフケアを

しっかりと覚えて戴き、

ご自身に向き合って

行ける準備を

させて貰えばと

日々考えています。

 

骨格調整は我々治療家の

仕事ですが、

体液循環の改善は

その方法さえ知っていれば

誰でも出来ると思います。

 

思ったよりも簡単なのに、

あまり注目されて

なかった方法が、

脳脊髄液の循環と

生産を促す方法です。

 

次はここを

お話ししていきます。

 

 

今日はこの辺で。

健康な身体は自分で勝ち取るもの。

 

 

29回目の明日は、

【ゆがみやよどみが

みるみるなくなる

エクササイズ】

⑥脳脊髄液が流れないと

いけないその理由とは?

と題してお送りします。