下関の整体です 25.ゆがみやよどみがみるみるなくなるエクササイズ ②大事なのは勝手に治るとイメージする事?

2020/12/26 3つの体液について知る
logo

ななかの山田です。

いつもななかのブログをご覧戴き、

本当に有難うございます。

 

 

寒さが少しだけ緩みましたね。

これぐらいで来年まで

続けばいいのにと思うのは

私だけ‥?

 

でもそうはいかなくて

年末年始は寒波が

来るのだとか‥。

 

雪も降るんでしょうか?

 

北国は今でも大変なのに、

これ以上降って欲しくは

ないですね。

 

下関は本当にそういった

災害に見舞われないですね。

幸せなんだと思います。

有難いですね。

 

 

さて。

 

 

25回目の今日は

【ゆがみやよどみが

みるみるなくなる

エクササイズ】

②大事なのは

勝手に治ると

イメージする事?

と題してお送りします。

 

 

あなたがもし、

誤って手を切ったと

しましょうか。

 

その時あなたは、

「よし!さあこれから治すぞ」

って思いますか?

 

そんな事せずとも、

我々の身体は傷が出来た

瞬間から自分自身を

修復する能力を持って

いますから。

嫌でも修復する方向に

働いてくれる事でしょう。

 

これは腰痛や肩こりにも

同じ事が言えると

私は思っています。

 

腰が痛くて屈んだまま

来られた方でも、

肩が痛くて

上手く動かせない方でも、

構造上正しい位置に

セットし直してやれば

勝手に治っていき、

正常な状態に戻るのです。

 

もっとも誰しもが

少ない回数で治るとは

限りませんが、

間違いなく改善します。

 

治療家が行っている事‥。

 

痛みを消す事ではなく、

苦痛を和らげる事でもなく、

ただただ解剖学的に

正しい位置に落ち着くように

施術しているだけです。

 

それさえすれば

勝手に痛みとか苦痛は

消えていき、

正しい姿勢取れるようになり、

上がらなかった腕が

上がるようになる‥‥。

それだけです。

 

それっていったいどういう事?

そう思われたでしょう。

 

身体には治る力が

元々備わっている

言う事です。

 

自分が治れるところまで

誘導してあげれば

勝手に良くなって

くれるんです。

治療家はただただ

そのお手伝いを

しているだけに

過ぎません。

 

自分もかつてぎっくり腰を

経験しました。

車から降りる事が出来なく

なるほどひどかったです。

 

本当に情けなかった‥‥。

 

でもそれは今思うと

『自然治癒力が働けないほどに

参ってます。休ませて下さい』

っていう身体の

サインだったんだな

って思います。

 

だからそれからというもの、

私に技術を教えて下さった

師匠の元へ、

月一回はメンテナンスに

通っています。

そしてその日は

一切仕事をせず、

休養をとる事にしました。

 

人は皆、

自分では気付かない間に

自分自身に無理を

強いている事が多いのです。

だからこれを読んでくれている

あなたも自然治癒力が発揮できる

環境を整えてみて下さい。

 

その自然治癒力が

高まる環境とは、

『体液を正しく流す』

事に他なりません。

 

苦しかったり痛かったり

する事ばかりに意識を

やると『体液循環』が

疎かになってしまうのです。

 

次のお話しは、

リンパ液、脳脊髄液

血液の順に、

流れを良くするための

ポイントをお伝えして

いきます。

 

 

今日はこの辺で。

健康な身体は自分で勝ち取るもの。

 

 

26回目の明日は、

【ゆがみやよどみが

みるみるなくなる

エクササイズ】

③リンパのポイントは

この3つ!

と題してお送りします。