下関の整体です 26.ゆがみやよどみがみるみるなくなるエクササイズ ③リンパのポイントはこの3つ!

2020/12/27 殿筋強化のススメ
logo

ななかの山田です。

いつもななかのブログをご覧戴き、

本当に有難うございます。

 

 

ここ何日か

比較的穏やかなお天気が

続いています。

 

今日は雨が

降るらしいですが‥‥。

 

年末年始は荒れると

いうし‥‥。

 

どうかこのまま

穏やかな日々で

あって欲しい‥‥。

 

東京のコロナ感染者は、

もうすぐ1000人/日を

超える勢い。。

 

今年はコロナに翻弄された

1年でした。

 

来年は本当に

どうなるのか‥‥。

 

 

さて。

 

 

26回目の今日は、

【ゆがみやよどみが

みるみるなくなる

エクササイズ】

③リンパのポイントは

この3つ!

と題してお送りします。

 

 

前回申した通り、

今回からリンパ液、

脳脊髄液、血液の

流し方のお話しを

していきます。

 

まずはトップバッター

『リンパ液』から参ります。

 

リンパが流れる為の

ポイントは、

①鎖骨

②脇の下

③鼡径部(脚の付け根)

この3つです。

 

①鎖骨

ここで言うところの

『鎖骨』とは、

胸骨と鎖骨を繋ぐ

『胸鎖関節』の事を

指します。

 

この胸鎖関節の深部は、

『胸管』という太いリンパ

に向かう場所なので、

非常に重要なのです。

 

右側には右胸部、

右腹部からのリンパ液が

流れ込み、左側には

それ以外の全身リンパが

流れ込んでいます。

 

それから静脈に合流し、

心臓に戻っていくのです。

 

左側には全身の

70%のリンパが流れ込むと

思って下さい。

だからここの流れが悪いと

例え②脇の下や③鼡径部の

流れを良くしても、

最終的にリンパが

流れ切らないと

言う事が起きるので、

非常に重要な

ポイントとなります。

 

②脇の下

いわゆる『振袖』を

なんとかしたいという

女性には非常に

気になるポイントでも

あります。

 

脇の下は、

腕神経叢という

腕へ向かう神経の束が

通ります。

更に腕と体幹を

行き来する結果や

リンパ管も

ここを通ります。

 

ノースリーブの

モデルさんを見ると、

二の腕がすらっと

細いですね。

 

健康な方は、

脇の下がすっきりして

えぐったように

くぼんでいます。

この脇の下にもし、

つきたてのお餅が

あるような状態だと、

ここを通る血管や

リンパ管は圧迫されて

機能しなくなります。

 

③鼡径部

いわゆる

『パンツのゴム』

の線上で、

恥骨の出っ張りのふもとを

触ってみて下さい。

ペコッとした凹みが

ありませんか?

ここは『大腿三角』と

呼ばれる所です。

 

この大腿三角には、

下肢と腹部を行き来する

血管、リンパ管、神経が

通っています。

なのでこの

大腿三角が圧迫されて

窮屈になると

下半身の血流や

リンパの流れが

悪くなります。

 

あなたがもし、

健康であれば、

この大腿三角は

『ペコッ』と

くぼんでいるのが

正解です。

 

もしここが膨らんでいたり

硬くなっていたら、

血管やリンパ管は

確実に潰された状態

だと思って下さい。

 

このような場合でも

この先にご案内する

『モゾモゾ体操』で

改善可能です。

 

 

今日はこの辺で。

健康な身体は自分で勝ち取るもの。

 

 

27回目の明日は、

【ゆがみやよどみが

みるみるなくなる

エクササイズ】

④リンパを流す

簡単ストレッチ法

と題してお送りします。