下関の整体です 肩甲骨と肩関節の安定によりゴルフの飛距離が伸びた例

2020/05/19 セルフケアブログ
logo

皆さんこんにちは。

ななかの山田です。

いつもななかのブログをお読み頂き

本当に有難うございます。

 

 

世間は非常事態宣言を解除、

又は一部解除する県や市も出てきていますが

本当にもう解除して良いのでしょうか?

確かにこのままだと世の中全体が疲弊し、

経済がボロボロになっていくので

どこかで思い切った決断が必要でしょう。

 

 

それはそれで良いのですが、

ただ、少し無防備な感じもします。

段々と人の流れが戻ってきています。

だからこそ! 今だからこそ

もっと慎重な行動が必要だと考えています。

 

 

ななかでは、引き続き

①マスクの着用

②手洗い・うがい・消毒の徹底

③定期的な換気

④朝の体温測定

⑤水分の摂取

を継続して行いたいと思います。

 

 

さて。

 

 

先日患者様の声をアップしました。

その患者様の中で、ゴルフを趣味とされる

男性からのご感想を追加で戴きましたので

シェアしたいと思います。

 

 

 

この方、通院初期に右肘から肩にかけての

痛みをお持ちでした。

特に上腕骨内側上顆といって肘の内側の

痛みの訴えがあり、当時はここを繋がりを

使ってのリリースをして凌いでいました。

少し緩和するのですが、矢張りゴルフをすると

痛みがぶり返します。

 

 

それで最近

私が関節トレーニングを導入して

肩及び肩甲骨を安定させる筋に収縮を入れながら、

リリース(弛める)を繰り返していると、

右側の痛みが消えたそうです。

逆に今度は左側の肩が痛くなってきたそうです。

 

 

これってどういうことか?

あなたには解りますか?

 

 

この方、実は腰痛も持たれていて

ここにも収縮を入れながら治療を

進めていたのですが、股関節と腰が安定し、

肩甲骨もしっかりと安定した事で

飛距離が伸びたんだそうです。

早い話が身体のパフォーマンスが向上して

左にストレスが掛かったのだと思われます。

今は左にも収縮を入れて治療をしています。

もっと飛距離が伸びているそうで、

又痛くなったとの事でした。

 

 

関節を安定させる筋肉がまだまだ

不十分なのだと思われます。

 

 

これらの筋肉、

ゴルフをしない方でもよく治療します。

首や肩のお悩みでいらっしゃる女性は

ここを治療すると相当楽になるそうです。

前鋸筋、菱形筋、それと肩甲下筋と上腕三頭筋です。

 

 

このトレーニング法を知りたい方は

ななかまでご遠慮なくお問い合わせ下さい。

 

 

では今日はこの辺で。

健康な身体は自分で勝ち取るもの。