下関の整体です 弛めるだけでは‥

2020/02/23 セルフケアブログ
logo

皆さんこんにちは。ななかの山田です。

いつもブログをお読み頂き本当に有難うございます。

 

 

新型コロナウィルスが猛威を振るってますね(;´・ω・)

急速にひろまっています。

でもまだ序の口かも知れません。

ウィルスの力をまだまだ完全に理解している

訳ではないですから。

 

 

それよりも大型客船内でのスタッフの対応が

問題視されています。

感染に対する知識が薄いせいだと思われます。

早めの改善策を取って欲しいものです。

 

 

さて。

 

 

私達、整体師の行う施術の1つに

【弛める】っていう目的があるのですが、

元々理学療法士だった私はこれに対して

最近少しずつ違和感を覚える事があります。

いや、もっと前からかな‥。

 

 

施術によって確かに筋は弛みますが、

それだけで良いのかなっていう事です。

 

 

筋肉って身体を支えているものです。

それを弛めるのは支えを失う事にもなります。

勿論グラグラになったりはしませんけどね。

 

 

でも‥。

 

 

ここで必要だと思う事があります。

それは‥。。。

 

 

弛めたら締め直す事。

最適な状態に持っていく事。

そのことを改めて考えさせられてます。

 

 

例えば‥。

大腰筋といって、よく腰痛の原因になる筋肉ですが、

これを弛めると確かに腰の痛みは驚くほどに

改善する事が多いです。確かです。

 

 

でも‥。

戻りが生じやすいのも事実。

どうしてでしょう?

それは2つ考えられます。

①筋肉の能力である【収縮】が正しく行われてない

②本来いるはずの協力者がサボっている

この2つだと考えられます。

 

 

ではこの2つがどういうことか‥。

又次回ご説明しますのでお楽しみに。

 

 

では本日はこの辺で。

健康な身体は自分で勝ち取るもの。

正しい身体の動かし方を学ぼう!