下関の整体です 肩甲骨を動かしやすくするセルフケア

2020/02/13 セルフケアブログ
logo

皆さんこんにちは。お疲れ様です。

ななかの山田です。

ブログをお読み頂き本当に有難うございます。

 

 

良いお天気になりました。

昨日は結構降ってたので、

明日もこんなかな?なんて

考えてました。

なにぶん雨男なもので(;´・ω・)

 

 

さて。

 

 

私はよく肩甲骨についての記事を

書かせて戴きますが、

どちらかというと治療寄りの記事なので

セルフケアというにはちょっとどうかなって

内容でした‥(反省)

 

 

で、今回は自分で出来る

肩甲骨ケアをお伝えしようと思います。

 

 

やり方を説明します。

① 動かしたい方の手を反対側の肩に置きます。

② 今、肘が前を向いてると思います。

  そのまま肘を壁につけます。

  肘で身体を支えるようにするので、

  肘の痛い方はタオルなどを肘と壁の間に

  入れて緩衝材としてください。

③ 少しだけ両足を引き、壁にもたれ掛かる

  ような姿勢をとります。

④ 肘で身体を支えながら、身体を壁に近付けます。

⑤ 次に壁を肘で押し、身体を壁から遠ざけます。

⑥ ④と⑤を繰り返します。

 

こうすると【前鋸筋】という肩甲骨の下をくぐっている

筋肉が動かされます。

肩甲骨剥がしの時に結構弛ませるのが大変な

筋肉だったりするのですが、この方法で

意外とすんなり弛むのでセルフにも使えると

考えました。どうぞお試しあれ。

 

 

注意して戴きたい事は、

肩が痛い人は無理にしようとすると

反って痛くなるのでやらない方が

良いでしょう。

 

 

では今日はこの辺で。

 

 

健康な身体は自分で勝ち取るもの。

セルフケアで自分の身体を整える。