下関の整体です 頭のセルフケア②耳を引っ張ってみよう

2020/02/12 セルフケアブログ
logo

皆さんこんにちは。ななかの山田です。

今日もお疲れ様です。

 

 

よく降りますね、雨‥

おまけに風も強いし。

ご来店戴けたお客様の傘が

裏返しにΣ(・□・;)!

 

「100円の傘だから構わないよ」って

言われますが帰りが大変でしょうに(;´・ω・)

どうか風邪を引かれないようにと

願うばかり。

 

 

さて。

 

 

先日お伝えした頭皮マッサージ、

如何ですか?

 

 

自分の頭を自分でマッサージするって

なかなかないと思います。

こういった触り方を推奨するには意味があります。

 

 

話し出すと長くなりますので割愛しますが、

やみくもに刺激を入れれば弛むわけでは

決してないと言う事です。

 

 

人間には【固有受容器】というものが

備わっているので、軽く触るだけで

弛む事も多いです。

 

 

治療をするにあたり、そこは患者様に

よって、治療部位によって変わってきます。

私も患者様の頭部を触る時は特に

優しく優しく触るようにしてます。

(頭部は色んな反射区があり

大変デリケートな部分ですので。)

 

 

で、今回ご紹介するのは

【イヤープル】というやり方。

やり方はいたって簡単!

親指と人差し指で耳を引っ張るだけ。

その時のポイントは出来るだけ

指尖(指先)ではなく、

指腹で摘み、手先だけで操作しない事です。

 

①真横に引くのと ②そこからちょっと後ろに引く

の2通りをお試しください。

 

 

耳って脳を包んでいる【硬膜】っていう

膜と繋がっています。

又、この【硬膜】は脳を隔てている

【大脳鎌】に繋がっています。

これらは脳を衝撃から守る

大事な【髄膜】の1つ。

しかし硬すぎもよくありません。

 

 

私が頭蓋治療をする理由は

脳が【一次呼吸】をするのに必要な

頭蓋骨の動きを出す事が1つ。

 

 

如何に脳を守るものでも、

動きを邪魔するまで硬かったら

意味がないのです。

 

 

この【イヤープル】だけでどうこうできる

訳ではありませんが、知っとくと

随分違います。

どうか仕事で疲れた時に

してみて下さい。

 

 

では今日はこの辺で。

健康意識の高いあなたのご意見や

ご感想をお待ちしております。

 

 

健康な身体は自分で勝ち取るもの。