下関の整体です 【第7章】味の素とアンパン?グルタミン酸とAMPA受容体について 【1項】1次ニューロンから2次ニューロンへの伝達

2021/07/31 痛みの考え方
logo

ななかの山田です。

いつもななかのブログをご覧戴き、

本当に有難うございます。

 

 

菅総理は、

『8月末に

2回接種を4割』と

公言していますが、

本当にそれで今の状況を

打破出来ると思って

いること自体、

危険極まりないです。

 

ワクチン打てば

大丈夫ではなくて、

そのうえで政府が

国民が納得するような

政策を打たない限り

無理でしょう。

 

この人たちも一生懸命、

しているかもしれませんが、

全て後手後手に回って

いて、既に国民の信頼は

ありません。

 

今後、

どうやったら我々国民が

安心して暮らせる日常が

送れるかどうか、

しっかりと考えて

戴きたい。

 

それがあなた達の

仕事でしょうし。

 

 

さて。

 

 

71回目の今日は、

【第7章】

味の素とアンパン?

グルタミン酸と

AMPA受容体について

【1項】

1次ニューロンから

2次ニューロンへの伝達

と題してお送りします。

 

 

痛みの原因となる

刺激が発生して、

痛みを伝える神経線維

(Aδ繊維、C繊維)

の自由神経終末での

Na⁺流入により、

痛みを伝える電気

(活動電位と言いました)

が発生します。

 

この電機は痛みを伝える

神経線維の軸索を上行し、

脊髄後角に入ります。

 

皮膚・筋・関節・内臓

などの抹消から脊髄までを

1次ニューロンが

担当しています。

 

1次ニューロンは、

後根から脊髄内に入り、

脊髄後角で

2次ニューロンに連絡します。

 

この連絡とは具体的に、

2次ニューロンの

細胞質内にNa⁺が流入し、

最終的に活動電位が

発生する現象をいいます。

 

1次ニューロンと

2次ニューロンは、

直接神経線維が

繋がっているわけではなく、

シナプスという接合部で

結合しているのです。

 

1次ニューロン末端から

シナプス間隙に

神経伝達物質が放出され、

この神経伝達物質により

2次ニューロンのNa⁺チャネルが

開口し、2次ニューロンに

おいて活動電位が

発生するのです。

 

 

今日はこの辺で。

健康な身体は自分で勝ち取るもの。

 

 

72回目の明日は、

【第7章】

味の素とアンパン?

グルタミン酸と

AMPA受容体について

【1項】

1次ニューロンから

2次ニューロンへの伝達

《その1》

シナプスって何?

と題してお送りします。