下関の整体です 39.ファスティングで自律神経を整える《腸内環境を整える為の食事のルール》③発酵食品のススメ

2021/02/21 ファスティングのススメ
logo

ななかの山田です。

いつもななかのブログをご覧戴き、

本当に有難うございます。

 

 

新型コロナウィルスの

ワクチン接種、

始まりましたね。

 

でもその一方で、

副作用かも知れない案件が

既に報告されているそうです。

 

症状は、

悪寒と蕁麻疹。

 

今厚労省の審議会で、

その因果関係を科学的に

評価しているのだとか‥‥。

 

ようやくワクチン接種の

準備が出来ても、

これだけ前評判が

悪いものを誰が

打ちたいと思うでしょうか?

 

本当に大丈夫なのでしょうか?

 

私もいまだに疑問が

残りますし、

打ちたいとは思いません。

 

皆さんはどう

お考えでしょうか?

 

 

さて。

 

 

39回目の今日は、

【ファスティングで

自律神経を整える】

腸内環境を整える為の

食事のルール

③発酵食品のススメ

と題してお送りします。

 

 

あなたは『発酵食品』と

言えば何を思い浮かべますか?

 

腸内環境を整えるのに、

何を食べたらいいと思いますか?

 

ここで『ヨーグルト』と

仰る方は非常に多いと思います。

 

でもヨーグルトって

どのメーカーのものが

良いのか、迷った事は

ありませんか?

 

ヨーグルトって今や、

何処に行っても入手出来て、

色んな種類のものを

扱っているところが

多いですね。

 

商品によって少しずつ

使われている菌とか

配合とか違うのも事実。

 

自分に合うヨーグルトって

どうやって探すのか?

これもよくある質問ですね。

 

これは、

自分が食べてみて

美味しいと思ったものを、

1日100~200g、

2週間から1ヵ月ぐらい

食べ続けてみて下さい。

 

ヨーグルトは、

450g入りのプレーンタイプを

選ぶと、4日分となります。

 

食べ続けた結果、

自然なお通じがあり、

便が理想の

バナナうんちになった、

出た後のスッキリ感がある、

など、良い感じになれば

そのヨーグルトは

あなたの腸に

合っていると言えます

 

もし食べ続けてもいい結果が

出なければ、それはあなたの腸に

合っていないので、他のものに

変えればいいのです。

 

ヨーグルトはいつ食べても

構わないのですが、

副交感神経が優位となる、

夜に食べるのがオススメです。

 

冷蔵庫から出したばかりの

ヨーグルトは菌が眠って

いるので、電子レンジで

10秒ぐらいチンしてから

食べると菌が活性化

しているので

効果が出やすいです。

 

ヨーグルトは元々が

40℃ぐらいで発酵させて

作るものですから、

人肌ぐらいに温めた方が、

乳酸菌が活性化するのです。

 

保存の為に冷蔵庫に

入れてるだけです。

 

私は冷え腸だと思う方は、

こうした食べ方も

オススメします。

 

我々日本人に合った

発酵食品は、

日本古来からある、

『納豆』や『味噌』、

『醤油』、『ぬか漬け』

『甘酒』、『麹』

などのほかに、

韓国の『キムチ』も

非常に良いです。

 

元々、日本という国は

多種の発酵食品を摂る

食文化が根付いています。

 

この多種の発酵食品を

摂る方が、腸内環境を

整えやすいという

実験結果もあるそうです。

 

今日から早速、

ヨーグルトだけでなく

色んな発酵食品を

摂ってみて下さい。

 

 

今日はこの辺で。

健康な身体は自分で勝ち取るもの。

 

 

40回目の明日は、

【ファスティングで

自律神経を整える】

腸内環境を整える為の

食事のルール

④水分補給をしっかりと!

と題してお送りします。